華蔵寺















華蔵寺(kezouji)
松江市枕木町の枕木山にある寺
松江市枕木町205:рO852−34−1241

標高456mの枕木山の山頂にあります。
臨済宗南禅寺派の古刹で山号は龍翔山(りゅうしょうざん)。

天長2年(825)智元上人の開山と伝えられる天台宗寺院でしたが、鎌倉末期に霊峰慧剣(れいほうえけん)(聖一派(しょういちは)が禅寺として復興し室町期にはこの地方の名刹として繁栄しました。

その後、兵火にあい衰退しましたが、慶長12年(1607)堀尾吉晴が松江城を築城する際に枕木山が鬼門に当たるため、祈願寺とし、松平直政公が明暦3年(1657)済遍(さいへん)を招いて中興しました。

秋は紅葉が綺麗で有名です。また展望台からの眺望は中海、弓ヶ浜、大山が望め絶景です。


華蔵寺境内にある薬師堂に安置される薬師如来像は平安末期の作品で国の重文です。
また、境内の桜門は江戸時代の建造で県指定文化財です。

華蔵寺・本坊裏には松平不昧公がここに逗留する時に使うために建てたという”茶室”があります。

仁王堂・・・松平直政公の建立で両側の仁王像は高さ2mをゆうに越え、運慶の作とも伝えられる。

不動明王像・・・石造りの不動尊像は崖の上に鎮座し大きさは日本でも有数の物です。
枕木山は松江城の鬼門にあたる事から、その安泰を祈願して、慶応年間、章安和尚の時、建立されました。

杉井の霊水・・・亀山天皇(1260〜1273年在位、のち法皇)ご病気の際、この霊水と後霊符を献じたところ、病、たちどころに平癒し、
法皇はこれを深く感じ入り、天台宗であった華蔵寺を自らが開創した京都の臨済宗南禅寺の別格寺院とされ今日にいたっています。




 壁紙MENUに もどります    華蔵寺のページ




グーグルマップストリートビュー
さすがに参道までは無理ですが入り口は分かります。


グーグルマップ
写真利用と著作権について
     
枕木山
華蔵寺はこの山の頂上にあります。
10Mpx
参道入り口

かなり長い参道を登ります。

10Mpx
仁王門

華蔵寺の仁王門左右に安置されている仁王像は”運慶”作と言われます。

10Mpx
仁王像T

10Mpx
仁王像U

10万画素
不動明王像

石造りの不動尊像は崖の上に鎮座し大きさは日本でも有数の物です。

10万画素
杉井の霊水

有名な霊水です。

10万画素
参道最後の石段

紅葉も綺麗です。

10万画素
薬師堂

10万画素
薬師堂と紅葉

華蔵寺の紅葉はきれいです。

10万画素
薬師堂と紅葉(広域)

10万画素
展望台からの眺望

天気が良ければ大山も見え、まさに絶景です。

10万画素
 
境内

実に静かな境内です。

10万画素
 
本坊入口

10万画素
 
枕木の霊水

10万画素
 ■




ページトップに戻ります