狛狐&神社
狛きつね&神社


















出雲地方の神社・仏閣とお稲荷さんの写真集♪

無料フリー素材としてご利用できます




壁紙MENUに もどります




松江周辺の神社約70社      出雲神話メニューへ



出雲地方の神社には必ずと言っていいほどの稲荷神社が存在します。
特に大きな稲荷神社には、個性的な出雲タイプの狛きつねが鎮座して迎えてくれます


松江周辺の神社のページ(約60社)


写真利用と著作権について
     
熊野大社
熊野大社は杵築大社(出雲大社)より格が上の一宮・国幣大社でした。

もとは意宇川上流の熊野山(現天狗山)にあったのが始まりで中世より里の「下の宮」に下り、近世まで「上の宮・下の宮」の二社祭祀の形態をとり、上の宮は熊野三社、下の宮は伊勢宮と呼ばれていました。
明治になって下の宮の位置に二つの宮が統合され、さら熊野地区の神社も合祀される形で今の熊野大社が成立しました。

☆一宮(ichino_miya)
一宮とは、昔の66カ国の各々おいて中央からのお達しなどを最初にその神社に伝える事になっていた神社で、多くはその国において最も格式の高い神社と言うことが出来ます。

ただし、伊勢神宮のように別格扱いで、一宮になっていない例もあります。
出雲においては、昔は一宮は熊野大社でしたが、出雲大社に譲っています。
毎年10月15日に行われる神事『鑽火祭』は昔は熊野大社の方が位が高かったなごりです。
熊野大社のHP 
熊野大社
八雲温泉・ゆうあい熊野館
1000万画素
熊野大社
本殿・U
1000万画素
熊野大社
鯉・T
1000万画素
熊野大社
鯉・U
1000万画素
熊野大社
境内全景
1000万画素
熊野大社
石碑
1000万画素
熊野大社
神橋(八雲橋)
100万画素
熊野大社
案内図
100万画素
熊野大社
本殿・T
1000万画素
熊野大社(正面)
10Mpx
熊野大社
駐車場から
1000万画素
熊野大社
神橋(八雲橋)と鳥居
1000万画素
熊野大社
石碑と鳥居
1000万画素
 
熊野大社(内部)
10Mpx
 ■ ■  ■ 
 阿羅波比神社
松江一中(月照寺隣)の南にある阿羅波比神社はその昔、神社の西に位置する洗合山に鎮座していました。

永禄六年(1563)、毛利元就が白鹿城を攻める際,洗合山に城を築いたため、神社は、現在の地に遷座しました。

近くの山には、阿羅波比神社の境外社として火難から守る愛宕(あたご)神社があります。

阿羅波比神社には、松江城櫓(やぐら)太鼓や堀尾氏から寄進された紐鏡など、多数の宝物があります。


■主祭神:天照大御神、スサノオの尊、オオナムチの尊、少彦名命
■境内末社:稲荷、金毘羅、荒、松尾等の神社。
■境内摂社:愛宕神社
■住所:島根県松江市外中原町54
■電話:0852−21−7219
  阿羅波比神社(あらわいじんじゃ)のHP
阿羅波比神社・拝殿
(あらわいじんじゃ)
1000万画素
阿羅波比神社・本殿
(あらわいじんじゃ)
1000万画素
阿羅波比神社
(あらわいじんじゃ)
1000万画素
 大雄寺
松江市中原町にある大雄寺は小泉八雲の『飴を買う女』の舞台として知られる法華宗の寺です。

 名工竹内有兵衛の作った八角堂や堂宇は惜しくも火災で焼失してしまいましたが、
由緒ある境内をハーンの小説を回想しながら散策してみるのも趣深いものがあります。
大雄寺のHP 
大雄寺
境内U
1000万画素
大雄寺
本堂
1000万画素
大雄寺
正面
1000万画素
大雄寺
境内T
1000万画素
 玉作湯神社
玉作湯神社は、奈良時代の「出雲国風土記」(天平5(733)年)に記された古社であり、式内社でもあります。
注!出雲国風土記:和銅6 年(713年)5月、元明天皇により編纂命令が出され、天平5年(733年)2月30日に完成し、聖武天皇に 奏上されたとされる。)

御祭神

玉作りの神:櫛明玉命(くしあかるだまのみこと)
国造りと温泉療法の神:大名持命(おおなもちのみこと(大国主命)
温泉守護の神:少彦名命(すくなひこのみこと)の3神

神社境内は、全域が国指定史跡で、花仙山周辺では最古の玉作り遺跡です。

江戸時代には隣接するお茶屋(松江藩別荘)にたびたび歴代藩主が逗留し、神社への祟敬も篤かったようです。

明治以後、天皇即位の式典に際し、ここで作られた瑪瑙(めのう)・碧玉(へきぎょく)製品が献上されました。

境内には「願い石」「叶い石」があり、最近は若い女性に人気の”縁結びパワースポット”となりました。
 玉作湯神社のHP
玉作湯神社
稲荷神社
1000万画素
玉作湯神社
境内
1000万画素
玉作湯神社
出雲玉作跡出土品収納庫
1000万画素
玉作湯神社
社務所
1000万画素
玉作湯神社
願い石・叶い石1
1000万画素
玉作湯神社
願い石・叶い石2
1000万画素
玉作湯神社
願い石・叶い石3
1000万画素
玉作湯神社
本殿
1000万画素
玉作湯神社
拝殿
1000万画素
玉作湯神社
拝殿
1000万画素
玉作湯神社
正面
1000万画素
玉作湯神社
拝殿
1000万画素
玉造温泉
足湯
1000万画素
宮橋(玉作湯神社)
1000万画素
玉作湯神社
社務所
1000万画素
玉作湯神社
願い石・叶い石
1000万画素
 
玉作湯神社と狛狐no4
1000万画素
 
玉作湯神社と狛狐no2
1000万画素
 
玉作湯神社と狛狐no3
1000万画素
 
玉作湯神社と狛狐no4
1000万画素
 
玉作湯神社と狛狐no5
1000万画素
 
玉作湯神社と狛狐no1
1000万画素
 ■ ■ 
 八重垣神社
松江市の南部にある「八重垣神社」は縁結び(恋)と子宝の神様として有名で、特に女性観光客には必見のスポットとなっています。

最近は全国的な恋愛のパワースポットブームと言う事で、急激に参拝客が増加しています。神々の故郷・神話の国出雲と言う事もあり、”スサノオと稲田姫の恋の地”と言う事で、幸せを願う全国の女性に大人気です。

境内の裏手にある鏡の池は別名姿見の池ともいわれ、やまたのおろち退治で有名なスサノオの命と稲田姫の恋の地でもあり、この池は稲田姫が自分の姿を映した池と言われ、、こんこんと湧き出る清水は昔ながらの面影をしのばせ、稲田姫命の御霊魂が底深く眠っていることから縁結びの占いの池として信仰されています。

占い用紙に百円か十円硬貨をのせ、浮かべてお祈りします。用紙が早く沈むと(15分以内)良縁が早く、遅く沈むと(30分以上)縁が遅れると言われ、また近くで沈むと身近な人遠くで沈むと遠方の人と結ばれると言われています。

ぜひ恋人と二人か、あるいは友達で将来の恋について占ってください。

また境内にある夫婦椿は昔、稲田姫命が二本の椿の枝をお立てになられた。それが芽を吹き出し一心同体・愛の象徴として神聖視されるようになりました。

東京資生堂の花椿会はこの玉椿の名木を神聖化したものです。
 八重垣神社のHP
八重垣神社
(夫婦椿)
1000万画素
八重垣神社
(正面)
1000万画素
八重垣神社
(拝殿)
1000万画素
八重垣神社
(鏡の池)
1000万画素

八重垣神社・鏡の池(姿見の池)
10Mpx
八重垣神社・正面
10Mpx 
八重垣神社・夫婦椿
10Mpx
八重垣神社・拝殿
10Mpx
 
八重垣神社・拝殿と本殿
10Mpx
 ■ ■  ■ 
 揖屋(揖夜)神社と黄泉比良坂(平坂)
揖屋神社
風土記は伊布夜社の社名を記すだけですが、この社名は他の伝記にたびたび出てきます。
「古事記」は「イザナギが黄泉国の軍団を振り切った黄泉比良坂(よもひらさか)は出雲の伊賦夜坂(いふやさか)のこと」と記し、
日本書紀は「斉明天皇の時代、犬が死人の手を言屋社(いうやのやしろ)に置いた。天皇崩御の前兆だ」と記しています。
大和朝廷は伊布夜社を「黄泉国」への入り口と位置付け、怖い社にしていたようです。
またここには美保神社のエビスさまの恋の物語も伝承されています。

黄泉比良坂
■イザナギが黄泉の国から逃げ帰るとき、追いかけてくるイザナミや黄泉の国の魔物に、身に着けていた「くし飾り」や「くしの歯」を投げ捨て、ぶどうや、タケノコにかえて、それを魔物たちが食べているうちに黄泉の国の入り口までたどり着きました。最後に黄泉比良坂の下に生えていた3つの「桃」を投げつけると、ついには魔物は退散しました。
⇒今も、黄泉比良坂には一本のヤマモモの木があります。
揖屋神社のHP 
黄泉比良坂のHP
揖屋神社(入口)
1000万画素
揖屋神社(本殿2)
1000万画素
揖屋神社(水晶玉)
1000万画素
 ■
黄泉比良坂(全景)
1000万画素 
黄泉比良坂(記念碑)
1000万画素
黄泉比良坂(千引の岩)
1000万画素
黄泉比良坂(駐車場)
1000万画素
揖屋神社04(本殿)
1000万画素
揖屋神社05(拝殿内)
1000万画素
黄泉比良坂(よもつひらさか)
記念碑と千引きの岩
1000万画素
黄泉比良坂(よもつひらさか)
千引きの岩
1000万画素
揖屋神社01(入り口から)
1000万画素
揖屋神社02(境内と拝殿)
1000万画素
揖屋神社03(拝殿)
1000万画素
 美保神社
エビス様は美保の対岸にある東出雲町のミシマミゾクイヒメの元に夜な夜な通われ、明け方になると美保の社にお帰りになっていました。

ある夜、ニワトリが間違えて夜明け前に鳴いたため、あわてて帰路につかれました。

ところが途中で船のカイを海中に落としてしまい、足で船をこいでいたところ、ワニザメに足をかまれてしまったと伝えられています。

それ以来、この地では鶏肉、鶏卵を食べず、ニワトリを飼う事もご法度とされたと言うことです。

主祭神はえびす様

漁業、海運、商売繁栄の守り神として信仰されているほか、豊作祈願の神様ともされます。
 
本殿は、大社造を2棟並べた美保造り(比翼大社造)と呼ばれる珍しい建築様式。
 
また美保の神は鳴り物が好きだと言うことから一般には公開されていませんが、宝物館には出雲琴などの古い和楽器が850点以上、日本最古のオルゴールも奉納されています。
美保神社のHP 
美保神社no4
1000万画素
美保神社no5
1000万画素
美保神社no6「狛犬」
1000万画素
美保神社no7「狛犬」
1000万画素
美保神社no3
1000万画素
美保神社no1
1000万画素
美保神社no2「青石畳」
1000万画素
 松江城山稲荷神社
城山稲荷神社・・・松江城にある小泉八雲も愛した二千体のきつねがある神社♪

小泉八雲は通勤途上に散歩がてら、ここ城山稲荷神社に立ち寄りました。
当時二千以上を数える石狐があったのを、八雲は大変珍しがっていたようです。

なかでも隋神門前にある大きい石狐は特に気に入ったもののようです。
その狛狐は痛みが激しく、境内右に安置されています(上の写真です)。
そして、八雲の愛したきつねを再現しようと、市民の力で2004年に、
門前に2代目のきつねが製作、設置されました。
 松江城山稲荷神社のHP
松江城山稲荷神社の神門と
八雲の愛したキツネ2代目

10Mpx
 ■  ■  ■
松江城山稲荷神社の彫刻5
10Mpx
松江城山稲荷神社の彫刻6
10Mpx
松江城山稲荷神社の彫刻7
10Mpx
松江城山稲荷神社の彫刻8
10Mpx
松江城山稲荷神社の彫刻1
10Mpx
松江城山稲荷神社の彫刻2
10Mpx 
松江城山稲荷神社の彫刻3
10Mpx
松江城山稲荷神社の彫刻4
10Mpx
松江城山稲荷神社の桜と狛狐
200810Mpx
松江城山稲荷神社の桜と狛狐
200810Mpx
松江城山稲荷神社の桜と狛狐
200810Mpx
松江城山稲荷神社の桜と狛狐
200810Mpx
 
松江城山稲荷の狛狐2008no03
10Mpx
 
松江城山稲荷の狛狐2008no04
10Mpx
 
壁紙:狛狐
松江城山稲荷神社:桜2007
10Mpx
 
壁紙:狛狐
松江城山稲荷神社:桜2007
10Mpx
 
松江城山稲荷の狛狐2008no01
10Mpx
 
松江城山稲荷の狛狐2008no02
10Mpx
 
壁紙:狛狐
松江城山稲荷神社:桜2007
10Mpx
 
壁紙:松江城山稲荷神社の狛狐
壁紙:狛狐
松江城山稲荷神社
10Mpx
壁紙:八雲の愛した狛狐2代目
松江城山稲荷神社
10Mpx
壁紙:八雲の愛した狛狐2代目
松江城山稲荷神社
10Mpx
壁紙:松江城山稲荷神社の狛狐
壁紙:松江城山稲荷神社の狛狐
壁紙:八雲の愛したきつね(初代)
松江城山稲荷神社
10Mpx
壁紙:狛狐
松江城山稲荷神社
10Mpx
壁紙:狛狐
松江城山稲荷神社
10Mpx
壁紙:松江城山稲荷神社の狛狐
松江城山稲荷神社
1000万画素
 清水寺

厄払いの寺として参拝者の多い霊場

瑞光山(zuikou_zan)の山腹にある清水寺(kiyomizu_dera)は用明天皇2年(587)、尊隆上人により開基された名刹。
最盛期には伽藍48坊を有し山陰一の大霊場として知られていましたが、戦国時代尼子、毛利の合戦に巻き込まれ、わずかの寺院を残して灰に帰してしまいました。
現在の建物は江戸時代の復興によるものです。
現在では、国の重要文化財に指定されている根本堂、宝物館、光明閣、修復された三重の塔が立ち並びます。
今から1400年前に開かれた観音霊場・清水寺を中心とした「清水公園」春の桜、ツツジ、夏の避暑、秋の紅葉、冬の雪景と四季折々に自然の美しさを表現します。

公園内の旅館では、名物「精進料理」が楽しめ、お土産には「清水ようかん」が喜ばれています。
 清水寺のHP

清水寺の写真集
 
清水寺稲荷神社の狛狐no02
10Mpx
 
清水寺稲荷神社の狛狐no03
10Mpx
 
清水寺稲荷神社の狛狐no04
10Mpx
 
清水寺の稲荷神社
10Mpx
 
清水寺稲荷神社の狛狐no01
10Mpx
     
 須賀神社

古事記はスサノオとクシナダ姫が新居を求めこの須賀の地に至り、雲の立ち上るのを見て和歌を読む伝承があります。

その歌は
「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を」

和歌の始まりと言われます。
須賀神社内にはスサノオが詠んだ和歌の大きな石碑があり、拝殿の前の木箱には、筆・墨・色紙があります。

参拝者は歌を奉納するしきたりで、本殿は奉納された和歌で囲まれています。

2キロ先の登山口(駐車場有)から谷に沿う細く急な道に歌碑が延々と並ぶ様は壮観。

更に登ると、うっそうとした木々の中に注連縄を巻いた巨石が三つ・・
須賀社の奥宮の磐座(いわくら)で、スサノオとクシナダ姫とその御子神が宿ると言われています。
もう少し登ると山頂で、ここからの眺望は絶景で日本海・隠岐・大山・三瓶も見られます。
須賀神社のHP
 
須賀神社:正面

10Mpx
 
須賀神社:境内

10Mpx
 
須賀神社:和歌碑

10Mpx
 ■
 神魂神社

イザナミノミコトを主祭神とし、本堂は国宝

その特徴は床が高い事。前面と後方の中央にある柱(宇豆柱うずばしら)がそれぞれ前と後ろへ突出して建てられている事などで現存する大社造の社殿の内では最も古いといわれています。

神魂神社の現本殿は、棟札写しによると天正11年(1583)の再建であると考えられます。
一件白木造りのようですが、昔は彩色されていたと言われ、屋根裏あたりにかすかに痕跡が残ります。

近くの、熊野大社、八重垣神社、六所神社とともに意宇(おう)六社の一つに数えられ、格式も高いのですが、何故か「延喜式」にも「出雲風土記」にも記載がありません。この謎は、隣に出雲国造家の屋敷跡もあり、出雲国造家とつながりが深く、私斎場的物であった為ではないかと見られます。

神魂神社・本殿内部には極彩色の壁画がありますが、普段は拝観できません。

ここで注目されるのは、本殿の屋根の千木(ちぎ)の先端が水平に切ってある事で、これは祭神が女神である事を示します。
出雲大社は千木の先端が垂直に切ってあり、これは男神を主祭神とすると言う意味で、大社造の特徴です。


目立たないですが、本殿の向かって左手にある末社の貴布祢(きふね)・いなり両神社の社殿は小規模ですが、桃山時代の建築様式である2間社流れ造りで、国の重要文化財です。
流れ造りそのものは出雲地方では珍しいものです。

社務所脇に安置されている古い鉄釜は、その昔、出雲国造の租神である天穂日命(あめのほひのみこと)が高天原から降臨された時、乗ってきたと伝えられ、12月13日にお釜神事があります。

小泉八雲は明治24年4月に西田千太郎とともにここを訪れている。人力車に乗って行楽と取材をかねての松江郊外の神社めぐりで、このとき六所神社、武内神社、真名井神社も訪れています。
神魂神社のHP 
 
神魂神社(境内)
10Mpx
 
神魂神社(本殿)
10Mpx
 
神魂神社(二軒社)
10Mpx
 
神魂神社(本殿・拡大)
10Mpx
 佐太神社

佐太神社は『出雲風土記』に登場する由緒ある神社で、出雲四大社の一つとされます。
少なくとも天平5年(733)以前より存在する最古クラスの神社です。
大社造りの社殿が三つ並んだ珍しい三殿並立は、中央の中殿が国の重要文化財です。
ここに主神・佐太大神が祀られています(3殿合わせて12神が祀られています)。
又北殿に天照大神(あまてらすおおみかみ)・ホノニニギの命、南殿にスサノウノ尊(みこと)がそれぞれ祀られています。

佐太大神は、風土記によると、支佐加比売(きさかひめ)が、加賀の潜戸で大神をお生みになったと伝えられています。
佐太大神は、かって島根県西部から秋鹿郡東部にかけて存在していた佐太の国(狭田の国)で信仰されていた神でした。
それだけに当社の歴史は古く、社格も出雲二宮をもち、江戸時代には、三郡半の幣頭も務めました。

前を流れる佐蛇川を開削した清原太兵衛(1785年:天明5年、77歳)は、佐太神社の神領を削るため、神社に100日もかよって、神の怒りを収めたといわれています。

9月24日、25日の御座替神事(ござかえしんじ)で披露される神楽・佐陀神納は国の重要無形民俗文化財です。

また11月20日から25日開催の神在祭は、県内外からの参拝客でにぎわいます。

鮮やかな色彩を残す平安時代後期の彩絵桧扇や、室町時代の甲冑など重要文化財4点のほか多数の美術工芸品を所蔵しています。

佐太神社神在祭はこちら
 佐太神社のHP
佐太神社(近景)
10Mpx 
佐太神社(境内)
10Mpx 
■ 
佐太神社(松江市)
10Mpx
田中神社(縁切り神社)
佐太神社摂社
10Mpx
田中神社(縁切り神社)
佐太神社摂社
10Mpx
佐太神社(全景)
10Mpx






ページトップに戻ります