壁紙TOP>松江市街地メニュー

この他に1000万画素のデジカメで撮影した壁紙写真(花、城、夕日から神社まで数十種)が700枚以上あります♪
・・パソコンのデスクトップ用壁紙としてまた、無料ダウンロード壁紙素材として御利用ください♪

写真素材(無料壁紙、ホームページ素材、フリー素材、無料素材、風景写真素材集)
写真:源助柱と源助桜
大橋の南詰には、この大橋が建設される時に、何度造っても流されてしまうため
あえて人柱になった「源助柱(gensuke_hashira)」があり
今は、源助公園として整備され
現在の大橋架橋の際犠牲になった「深田技師」(昭和の人柱ともいわれます)の碑とともにあります
10Mpx

源助柱(gensuke_hashira)のお話

 慶長12年(1607)、堀尾吉晴(horio_yoshiharu)が富田城(広瀬、月山(gattsan))から松江に移住するとき
架橋工事が難航して完成しないため、人柱として足軽人足・源助を橋底深く生き埋めにしたと言う伝説が残っています

堀尾吉晴公が人夫を動員して、架橋工事を進めたものの
宍道湖から流れ出る水量は多く、また流れも激しいため工事は難航した
大きな石を投げ込んでも、明朝にはまた元に戻ると言う具合・・

『やがて人柱を入れよう』・・と言う話になりました
人柱とは水神の怒りを解くために、生きた人間を「いけにえ」としてささげると言う事で
当時は埋められた人間の霊魂が怨霊となり、工事を順調にすると信じられていたようです

 さて人柱として、どのように選ぶかであるが
「日を決めて、朝、横の仮橋を渡った者の中で、袴に横継したものをはいている男にしよう」と言う事になった

 当日朝、横継した袴をはいて通りかかったのが、雑賀町の足軽・源助(gensuke)であった
捕らえられて、箱詰めにされ、南から3本目の橋脚の下に埋められてしまった
このため水神の怒りは和らぎ、やっとこの難工事を終えることが出来た

 やがて、3本目の柱は『源助柱(gensuke_hashira)』と呼ばれ
月の無い丑三(うしみつ=ushimitu_time)時(午前2時から2時半頃)になると
橋の根元から赤い鬼火が飛び立ったと言う・・  



一応著作権は放棄しませんが、個人で使用する場合のみダウンロードしてご自由にお使いください
商用使用又は個人使用以外の場合はご連絡ください

(著作権は放棄していませんので無断使用はお断りします=著作権フリーではありません)