名和神社とつつじ














鳥取県大山町名和にある名和神社とつつじ



名和神社(なわじんじゃ)は、鳥取県西伯郡大山町(旧名和町)にある神社で、名和長年を祭ります。

旧社格は別格官幣社。建武中興十五社の一社です。社紋は、名和氏の家紋の帆懸船です。




壁紙MENUに もどります    住雲寺の6尺藤のページへ




鳥取県内最大級の規模を誇る神社
有数の“花の名所”でも有名な場所

鳥取県西伯郡大山町名和556 0859-54-2260(名和神社)

後醍醐天皇を隠岐の島から迎え、一族郎党を率いて船上山に立てこもり、王事に奮戦した南朝の忠臣・名和長年公をはじめ、一族郎党42人の英魂をまつった元別格官幣社です。

現在の名和神社は明治16年に旧社(今の氏殿神社)をそのままに新しく建てたもの。神社の規模としては鳥取県内でも最大級を誇り、明治16年に初めて参道に桜が植えられて以来、山陰有数の“サクラのトンネル”としても有名です。
写真利用と著作権について
     
住雲寺6尺藤・2014_01
10Mpx
住雲寺6尺藤・2014_02
10Mpx
住雲寺6尺藤・2014_03
10Mpx 
住雲寺6尺藤・2014_04
10Mpx 
住雲寺6尺藤・5
10Mpx
住雲寺6尺藤・6
10Mpx
住雲寺6尺藤・7
10Mpx
住雲寺6尺藤・8
10Mpx
住雲寺6尺藤・1
10Mpx
住雲寺6尺藤・2
10Mpx
住雲寺6尺藤・3
10Mpx
住雲寺6尺藤・4
10Mpx



ページトップに戻ります