松江大橋


















歴史のある荘厳な橋”松江大橋”の写真集♪
無料フリー素材としてご利用できます




壁紙MENUに もどります    松江大橋





松江城構築の際に堀尾吉晴公が架けたといわれる由緒ある橋。
源助柱の物語などあり、周囲の柳とともに松江の風情を伝える場所です


松江市のほぼ中央に位置し、松江市を南北に分断する大橋川に架かる橋で、
現在ある5本の橋(宍道湖側から:宍道湖大橋、松江大橋、新大橋、くにびき(kunibiki)大橋・・
縁結び大橋の内では橋の長さではかないませんが、その歴史と荘厳さは他の追随を許しません。

全長138mで昭和12年(1937年)に完成しました。
この橋で17代目です。
初代は慶長13年(1608年)”堀尾吉晴公(horio_yoshiharu)”が月山富田城から松江に移城の際、
築城の資材を運搬するために建設されたと言われています。

 松江大橋と言う名前が定まったのは、明治7年(1874)改架の11代大橋からで、
それまでは「白潟橋(shirakata_hashi)」「カラカラ橋」などと呼ばれていました。

 橋の中央に展望のための張り出しがあり、欄干は和風で擬宝珠がつけられています。
ここからの展望は松江観光のポイントで、宍道湖大橋が出来る時も景観に関して大議論が起こりました。

 大橋の南詰には、この大橋が建設される時に、何度造っても流されてしまうため、
あえて人柱になった「源助柱(gensuke_hashira)」があり、
今は、源助公園として整備され、
現在の大橋架橋の際犠牲になった「深田技師」(昭和の人柱ともいわれます)の碑とともにあります。

また、小泉八雲の「知られざる日本の面影(shirarezaru_nihon_no_omokage)」にも、
情緒あふれるこの橋の事が愛情込めて書かれています。

なお、源助地蔵(gensuke_jizou)祭りは8月23日、24日の両日
、市内の龍覚寺(ryuukaku_ji)で行われます


写真利用と著作権について
     
源助柱と源助桜2008
10Mpx
源助柱と源助桜2008
10Mpx
松江大橋2008
10Mpx
大橋・初夏1
10Mpx
大橋・初夏2
10Mpx
新大橋と大橋川の柳
10Mpx
源助柱と源助桜2008
10Mpx
大橋全景2
10Mpx
大橋川から見た大山と新大橋
10Mpx
源助柱と源助桜(夜景)
松江大橋南詰め
10Mpx
源助柱と源助桜(夜景)
松江大橋上から
10Mpx
大橋南詰めから見た松江北部
10Mpx
大橋北詰め
10Mpx
大橋南詰め
10Mpx
大橋全景1
10Mpx
壁紙:松江大橋・夕日
壁紙:松江大橋・夕日
壁紙:松江大橋・夕日 



ページトップに戻ります