米子周辺



















鳥取県米子市と周辺の写真集♪

無料フリー素材としてご利用できます




壁紙MENUに もどります




写真利用と著作権について
     
 湊山公園と米子城跡
 湊山公園は(みなとやま)中海に面した風光明媚なスポット。
園内には、自由広場や展望の丘、桜の園、日本庭園などが整備され、SLのD51(でごいち)や色々なモニュメントも数多くあり、散策しながら美しいロケーションを楽しめる。

天体観測室を備えた米子市児童文化センター(0859-34-5455:9時30分〜17時、火曜日休館、祝日の場合あくる日が休館)ではプラネタリウムの観覧(210円)も出来る。

歴代米子城主ゆかりの清洞寺跡があるほか桜の名所としても有名、春には大勢の花見客でにぎわう。

これだけ広大で、かつ平地にある花見のスポットはちょっと無いのでは?。

2006年4月に選定された中海8景のうちここ湊山公園からがNo1に選定されました。
ちなみに選定された写真は、裏にある米子城跡の頂上から見た夕日でした。

◎米子城は、3つの城からなる城。 湊山に築かれた本の丸、丸山に築かれた内膳丸、そして飯山の出丸。これらの3つの山の谷間に二の丸・三の丸が築かれ、一つの城となっています。

JR米子駅から徒歩15分、米子医大裏
рO859−34−4004:入園無料、駐車場150台(無料)
 米子市の中心地、標高90mの港山(みなとやま)に築かれた米子城は、別名「久米城」とも呼ばれ、山陰で他に先駆けて築かれた本格的な近世初期の城郭です。山頂に五重の天守閣と四重の副天守閣(四重櫓(やぐら))の大小二つの天守閣を持つ壮大な城で、周囲には二重の堀が巡らされていました。

当時の建築物はすべて失われてしまいましたが、石垣や基礎石などは城郭の形態をよくとどめ、また文献や絵画資料なども数多く良好な状態で伝えられており、平成18年に国指定遺跡に指定されました。

現在、湊山周辺は、「湊山公園」として市民の憩いの場として利用されており、西伯耆(ほうき)を一望できる天守台からの眺望は、今尚、多くの人々から親しまれています。

実際登ってみると、現在大人気の「天空のラピュタ」こと竹田城跡にも匹敵する景観がご覧になれます。

また米子城の整備のため いろいろと米子市が計画しており、三の丸跡にある野球場は取り壊され、公園に整備されます。

米子城跡からの眺望
北東方面(美保湾・島根半島)

米子城跡からの眺望
東方面(米子市街地)

米子城跡からの眺望
南東方面(市街南部と大山)

湊山公園
紅葉とSLno3

湊山公園
紅葉

米子城跡からの眺望
西方面(米子湾・中海)

米子城跡からの眺望
北西方面(島根半島)

湊山公園
ブロンズ像
1000万画素

湊山公園
公園の小猿
1000万画素

湊山公園
紅葉とSLno1
1000万画素

湊山公園
紅葉とSLno2
1000万画素






ページトップに戻ります